ANA空港アクセスナビとのデータ連携を開始します

2021年9月15日より、「ANA空港アクセスナビ」の徒歩区間における「バリアフリー地図/ナビ」機能の運用が開始されます。

「バリアフリー地図/ナビ」機能では、地図上に目的地までの最短経路に加えて、バリアフリー情報・過去に車いすユーザーが走行したルートが表示され、車いすユーザー向けの移動参考情報を確認可能です。

全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平子裕志、以下「ANA」)、一般社団法人WheeLog (所在地:東京都千代田区、代表理事:織田友理子、以下「WheeLog」)、株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:髙山善司、以下「ゼンリン」)、株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水辰彦、以下「ゼンリンデータコム」)は、2021年9月15日より、経路検索サービス「ANA空港アクセスナビ」の徒歩区間における「バリアフリー地図/ナビ」機能の運用を開始いたします。

ANA、WheeLog、ゼンリン、ゼンリンデータコムをはじめとしたUniversal MaaSのパートナー各社は、従来より交通事業者、自治体、大学などと連携し、移動サービスの実証実験を行ってまいりました。昨年度は、実証実験として横須賀で街歩きイベントを開催しました(詳細はこちら)。今年度は、国土交通省「令和3年度日本版MaaS推進・支援事業」に採択され、さらなる機能の社会実装を目指します。

2020年12月の横須賀街歩きイベント(実証実験)

「バリアフリー地図/ナビ」機能では、経路検索結果に表示された屋外徒歩区間における最短ルート情報や、車いすで実際に走行したルート・利用したスポットなどのバリアフリー情報が表示され、目的地までの最短経路と合わせて、車いすユーザー向け移動参考情報の確認が可能です。

バリアフリー情報はWheeLog!のAPIを介してデータ連携されており、ユーザーの皆様に投稿いただいた情報の一部を、ニックネーム等のユーザー情報をすべて取り除いた形で提供されます。

これまでユーザーの皆様が集めていただいた情報を、ANA空港アクセスナビとデータ連携することで、皆様からいただいた情報の社会的価値をさらに高め、より多くの車いすユーザーをはじめとする移動に困難を抱える皆さまにご活用いただければと願っています。


■「バリアフリー地図/ナビ」について

サービス開始日:2021年9月15日(水)
検索対象経路・対象エリア:東京都・神奈川県の徒歩区間 (2021年9月15日(水)現在、今後拡大予定)