コンテンツへスキップ

【研修】東京マラソン財団ボランティアに向けたスキルアップ講習を実施しました

8/19(金)・27(土)・28(日)・9/23(祝・金)、4日間で合計8回開催、(一財)東京マラソン財団と(株)近畿日本ツーリストコーポレートビジネスがVOLUNTAINER(※)会員の約300名を対象とした『VOLUNTAINERスキルアップ講習「心のバリアフリー」』が無事終了しました。

※VOLUNTAINER (ボランテイナー)とは東京マラソン財団オフィシャルボランティアクラブです。
https://www.voluntainer.jp/

この講習はoffice FUCHI 〜オフィス・フチ〜の渕山さんと、(一社)WheeLogの薄井が講師を務めました。前半は座学、後半が体験という2部構成で休憩を挟んで、2時間半ほどのプログラムです。

座学研修では、「街のバリアをボランティアのチカラでサポートしよう!」をテーマに心のバリアフリーとは何か、「困りごと」をイメージし、障がい者の方への理解を深め、情報の大切さを知っていただき、その情報を得るひとつの手段として、WheeLog!のアプリの活用方法をご案内させていただきました。

体験研修では、「相手の気持ちに寄り添うには、まずは少しの体験から!」実際に車いすを使って、基本操作や段差を乗り越える体験、アイマスクを使い視覚障がい者疑似体験及びサポートする手引きの体験をおこなっていただきました。

実体験を通して一つでも多くの気付きを持ち帰っていただき、今後の生活やボランティア活動に生かしていただければ幸いです。

今回の講習の様子は期間限定でVOLUNTAINER会員向けに動画の無料配信をしています。10月31日(月)までですので、ぜひご覧ください。

ご視聴・新規会員登録はこちら

office FUCHI 〜オフィス・フチ〜の渕山さんレポートはこちら

Skip to content