コンテンツへスキップ

日本リハビリテーション工学協会誌「リハビリテーション・エンジニアリング」(2022年37巻4号)に掲載されました

一般社団法人日本リハビリテーション工学協会さまよりご依頼いただき、「リハビリテーション・エンジニアリング」(2022年37巻4号)『生活を支えるスマホ・タブレット型端末によるアプリ・IoT』で、代表の織田が執筆させていただきました。

WheeLog!がこのような形で学術誌の特集で紹介していただけることは、医療・福祉従事者・そしてその先にいる車いすユーザーのみなさまに希望を与えるきっかけになると信じています。

今回の執筆では、代表の織田がこれまでのWheeLog!の活動やその成果、何を意識して活動しているのかを改めて思い返し、心を込めて執筆しました。

医療・福祉関連の方はぜひ、お手になってご覧ください。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/resja/37/4/37_168/_article/-char/ja

◎車いすユーザーの社会参加を応援しませんか?

WheeLog!はこれからも「車いすでもあきらめない世界」を目指し車いすユーザーの社会参加を応援するために活動し続けてまいります。

もしご支援していただける方は、下のボタンよりご登録ください。

◎地域でWheeLog!街歩きを開催したい方はフレンズへのご登録を!

WheeLog!フレンズは、各地域でWheeLog!の取り組みを推進する有志の集まりです。他地域のフレンズ同士がお互いの活動を共有し、相談し合いながら、主体的に活動を展開できます。

お問い合わせ先

WheeLog事務局:info@wheelog.com

Skip to content