コンテンツへスキップ

第3回つながり∞イベント開催のお知らせ

その人がその人らしく甲斐を感じ、いきいきと穏やかに生きる共生社会。
そんな世界の実現のために私達には何ができるでしょうか?
未來をつくる子どもと自分たちにとっての社会課題を『教育』『WheeLog!』を切り口として考えます。
課題を自分ゴトとして引き寄せて見るキッカケとなれたらと思い企画しました。

テーマは

「障害」ってなんだろう?持続可能な共生社会のために教育が果たす役割~多様な学びの場としてWheeLog!に出来る事とは?〜

です。

1 )特別支援教育分野での取組み
2 )障害平等研修の視点を活用しての取組み
3 )WheeLog!を活用した事例

上記の点に感心がある皆さまと一緒の時間を共有させていただき、より良く楽しい共生社会実現のために自分や自分のコミュニティで出来る事を考える時間に出来たらと思います。

イベント概要

  • 開催日時:2020年8月8日(土)20:00開催
  • 開催方法:オンライン(Web会議システムZoom使用)
  • 参加費: 一般1,000円、WheeLogプラス会員(寄付会員)無料
  • 定 員: 40名(先着順) ※懇親会定員 30名(先着順)
  • 申込期間 : 2020年8月7日まで

こんな人におすすめ

  • 持続可能な共生社会の実現に興味がある人
  • 特別支援教育に興味がある人
  • 障害平等研修に興味がある人
  • WheeLog!が好きな人
  • (広い意味での)教育に興味がある人
  • つながりを創りたい人
  • 想いを伝えたい人

登壇者

■ スピーカー
 ・藤井 和子(上越教育大学 大学院学校教育研究科 臨床・健康教育学系 教授)
 ・吉田 雄一(国立障害者リハビリテーションセンター研究所 障害工学研究部 技術協力員、障害平等研修登録ファシリテーター)

■ モデレーター
 ・星 佳代(看護師(総合病院→整形外科→NPO法人カプカプ)、WheeLog!街歩きイベント横浜・運営委員)

■ コメントゲスト
 ・織田 友理子(一般社団法人WheeLog代表/CEO)

■ 司会
 ・阿部 学(WheeLog! 2020 運営委員会イベントチーム所属・言語聴覚士/ST)

プログラム

 20:00 開会・事務連絡・イベント概要説明・挨拶・登壇者紹介
 20:05 モデレーター紹介:星 佳代
 20:10 トーク:スピーカー① 
 20:25 トーク:スピーカー②
 20:40 パネルクロストーク: 藤井・吉田・星・阿部・織田
 20:55 WheeLogからの告知
 21:00 閉会
    (休憩)
 21:15 – 22:00 懇親会

注目コンテンツ

【藤井 和子】新潟にある上越教育大学で教鞭をとりながら分野を超えた仲閒と有志の会を作り、孤独の解消をテーマに邁進されるオリィさんやWheeLogの織田友理子代表を大学の講演会にお呼びしたりと面白い講座展開をされている。授業にWheeLog!をいち早く導入!

【吉田 雄一】車いすユーザーで国立障害者リハビリテーションセンター研究所の研究員として従事。当事者の視点で広義の教育に非常に関心が高く、WheeLogのなかでの教育との繋がりを熱く模索中。障害平等研修ファシリテーターの視点からの鋭い切り込みが見られるか?オンラインツールの知識も抜群。

【星 佳代】障害を持つお子さんの子育てに奮闘中。看護師で複数の分野で従事する一方、抜群の行動力で開催史上最大規模のWheeLog!街歩きイベントの横浜開催を2回も成功に導いている。オンラインスナックでの楽しいトークも好評!

【阿部 学】言語聴覚士(ST)を入り口として病院内での回復期リハ、地域での訪問・外来リハの分野に従事する。既存の枠組みを超えて、役割・やり甲斐を持って穏やかに生きられる社会の実現のために多方面の団体の運営等に携わる。新たなつながり∞が見られるか?

事前準備について

ZOOMを初めて利用される方は、下記URLから事前にダウンロードをお願いいたします。
https://zoom.us/download
手順については、以下ページで詳しく解説していますのでご参照ください。
https://zoom-japan.net/manual/pc/zoom-pc-app/

ご参加にあたってのお願い

  • 安定したWi-Fi環境下でご参加ください
  • 何らかの理由で通信が中断してしまう事がありますがご理解ください。
  • 登壇者以外はマイクとビデオをオフにしてご参加ください

注意事項/連絡事項

  • 当日は19:00から関係者が打合せをしております。19:45頃から順次参加の承認をさせていただきます。
  • 質疑がある方は、チャット機能に入れていただきますようお願いします。なお回答できない場合もございます、ご了承下さい。
  • 進行を妨げるヘイトスピーチや妨害行為がある場合は、主催者権限で強制退去させていただきます。
  • 当日、ZOOMの設定が分からない、リンクを忘れた、上手く入れない、音が小さい等の対応はできませんので、ご了承下さい。
  • イベント終了時、希望者のみで記念撮影を行います。

キャンセルポリシー

申込後に都合が悪くなりキャンセルとなる際は、Peratixのお問合せ先にご連絡ください。


つながり∞イベントについて

WheeLog!活動に関わっていただいた方々との交流の中で、一人ひとりが素敵な想いや経験をお持ちであることを知りました。
それらの想いや経験を共有できる場が「つながり∞イベント」です。
イベントの表題に含まれる「∞」には、3つの意味を込めています。

  1. 心理的な「つながり」
  2. DNAの二重螺旋構造
  3. 「可能性」の無限な拡がり  


登壇者紹介

藤井和子

経歴:
大学院修了後に特別支援学校で勤務し、肢体不自由児施設勤務を経て、現職。
特別支援教育に携わる教員の養成に携わる。特別支援教育の中心となる領域である「自立活動」の研究を行っている。

取り組み内容:
特別支援学校や特別支援学級、通級指導教室の先生方と一緒に「自立活動」の研究会を運営している。
学校では、「交流及び共同学習」が行われています。その授業を担う教員の養成において、WheeLog!を活用することを実践中!

吉田雄一

経歴:
高専在学中の18歳の冬、ラグビーの試合中の事故により頸髄損傷。
2010 東京都立工業高等専門学校生産システム工学科卒
2013~国立障害者リハビリテーションセンター研究所 障害工学研究部 技術協力員
2018~障害平等研修登録ファシリテーター
2020~WheeLog!運営(テクニカルチームサブリーダー)

取組み内容:
≪技術協力員≫
障害当事者として、様々な研究のお手伝いをしている。
自身で研究を持つこともあるが主に研究のサポートが中心。

≪障害平等研修≫
障害者差別解消法を推進していくための研修の登録ファシリテーターとして、地域や行政、学校など様々な場所で研修を行っている。
共生社会やまちづくり、教育など様々な分野で実施。
相模原市では、障害平等研修とWheeLog!のコラボイベントを安西さん達と一緒に行った。

想い:
『WheeLog!∞教育』を進めていき、社会にある障害を1つでも減らして、誰もがあきらめない社会を目指していきたい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
障害平等研修とは
障害者差別解消法を推進するための研修です。障害者の社会参加や多様性に基づいた共生社会を創ることを目的として、障害者自身がファシリテーターとなって進めるワークショップ型の研修。対話を通して「発見」を積み重ねていくなかで、差別や排除など、社会のなかにある様々な「障害」を見抜く力を獲得し、それらを解決していくための行動を形成します。
~~~~~~~~~~~~~~

星 佳代 (ほし かよ)

看護師
WheeLog! 運営(総務チーム)

経歴:
総合病院での仕事に違和感を覚え、医療職から離れる。北海道でしばらく過ごし、その後、復職する。
第三子の妊娠後期に原因不明の脳の発育不全が判明。育児を通して障害や福祉分野の活動に参加。その中でWheeLog!の街歩きイベントに参加。運営に関わるようになる。
現在は、整形外科クリニックとNPO法人カプカプ(障害者作業所&喫茶)横浜市内の三ヶ所へ行き利用者の方とスタッフの健康相談業務を行なう。

取り組み:
・2013年に保育園の保護者・保育士さん達と「ひみつきち」という団体を立ち上げ、インクルーシブなイベント「はまカラホリデー」や保護者や保育士にむけた勉強会を企画運営。
・区の社会福祉士連絡会会員。
・エンドオブライフ・ケア養成講座受講
・東京大学上廣死生学・応用倫理講座・死生学セミナー受講

想い:
WheeLog!の活動は、年齢・障害の有無に関係なく、知ること、行動すること、共に生きる事を学べる場だと思います。
ただ、難しく考えずに、日常の中に楽しみながら、溶け込み、あきらめない世界を目指す仲間を作れる場となるよう活動していきたいと考えてます。

Skip to content