CancerXモビリティnoteに代表のインタビューが掲載されました

がんの課題の共有と解決を目指すCancerXモビリティで、代表の織田がインタビュー取材を受けました。

WheeLog!アプリの立ち上げ、様々な組織とのコラボレーション、今後の展望などを語っています。
ぜひご覧ください。

CancerXとは

“Cancer, so what?” がんと言われても動揺しない社会へ。
立場を越えてつながり、共に手を取り合って、多岐に渡るがんの課題の共有と解決を目指していく。

CancerX note