コンテンツへスキップ

横浜観光コンベンション・ビューロー主催の観光事業者向けセミナーで登壇

2021年12月8日に横浜観光コンベンション・ビューロー主催のユニバーサルツーリズムセミナーで、代表の織田が登壇しました。観光事業者向けに、車いすユーザーに向けた情報発信心のバリアフリー対応について、詳しく紹介しました。

セミナーには横浜の観光に携わる様々な事業者さまが参加されていました。それぞれの事業者さまの視点でバリアフリー対応について質問をいただき、とても有意地な時間を過ごすことができました。

セミナー参加者で宮大工をされている方からは、以下のようなコメントをいただきました。

5-1=0だという事実を知り、講演の途中からは「私が取り組めることは何か?」と考え始めました。今後の私にできるアクションとして、神社仏閣のバリアフリー化を宮大工として全力で行っていこうと決意しました。

こうしてそれぞれの分野の方がバリアフリーに取り組まれ、裾野が広がっていくことが、とても嬉しく思いました。

横浜中華街観光バリアフリーマップを活用

講演では、先日クラウドファンディングの支援を受けてWheeLog!で制作した「横浜中華街観光バリアフリーマップ」も参加者の方に配布しました。マップを例に、具体的なバリアフリー情報の発信方法やその大切さについて紹介することができました。(横浜中華街のマップについてはこちら

研修・講演のご依頼

今回セミナーを受講された方には、横浜観光コンベンション・ビューローさまより受講修了証が発行されていました。こうした研修を実施することで観光庁が推進する「心のバリアフリー認定制度」の申請条件のひとつを満たすことができます。自治体や観光協会などでユニバーサルツーリズムについての講演をご希望の方は、事務局までお問い合わせください。

Skip to content